【矯正治療と費用】
ならびが悪ければ、当然のことながらかみあわせが悪くなり、それを不正咬合といいます。前歯はきれいにそろっているかのように見えても、奥歯のかみ合わせが悪かったり、アゴが狭くてかみ合わせが横にずれているなど、さまざまなケースが考えられます。
多少、歯ならびやかみ合わせが悪くても、人間には順応性があるため、食事の際、困るということはそれほどないかもしれません。しかし、歯ならびが悪ければ、どうしても歯磨きがすみずみまで行き届かず、ムシ歯や歯周病になりやすいことは確かです。それに歯ならびが悪いことがコンプレックスになって、人前で思い切り笑えないなど、対人関係面での問題も見逃せません。
では、矯正治療が必要な歯ならびとは、どんな症状をさすのでしょうか。人それぞれ顔形が異なるように、歯ならびも異なりますが、一般的に悪い歯ならび、かみ合わせといわれるものには、大きく分けて7タイプがあります。

最近の歯科医療現場では、虫歯もなるべく歯を抜かない方向に進みつつあります。まして、歯並びをきれいにしたいからといって、健全な歯を抜いてしまうことに抵抗があるのは当然です。
ところが、矯正治療においては、健全な歯を抜いてスペースを作るという方法が、多くの歯科医院でいまだに取られていることも事実です。 前歯の見た目だけを考えるなら、その方法が一番簡単だからです。
歯を抜けば、歯全体から成るかみ合わせの面が小さくなり、やはりかむ機能の低下は否めません。 また、かみ合わせのバランスをくずすばかりか、ムシ歯や歯周病の原因になることも考えられます。

矯正治療の費用についてですが、これには決まった費用が一定の料金があるわけではありません。
費用としては、初診・相談料、技術料(基本)、装置料、チェック料などが上げられます。 骨格に問題があるような難しい症例、特殊な装置使用、インプラント矯正は別として、通常の歯列矯正では総額60万円〜100万円が目安となっております。
初診の段階で、費用に関してはおおよその見当がつきますので、ご相談にお越しください。 尚、お支払方法は分割払い、デンタルローンなどがご利用いただけます。

検査
-----
(1)精密検査料 5万円〜

治療
-----
(2)技術料・装置代 50万円〜

保定
-----
(3)リテイナー 1個目 5万円、2個目〜 3万円